子育てお役立ち情報

セルフイメージを向上させて親子関係を取り戻すためのNLP

こんにちは

ファミリーシップ・サポートの嶋根徹哉です

あなたがもし、仕事と子供のことが
両立できずに悩んでいて、

セルフイメージがドンドン
低くなっているのなら、

その対策法は??

価値観に気付いて
価値基準を緩めること。
が大切って伝えました。

 

そして、そのためには
問いを持つこと。

 

~~~~~
どんな価値観が
反応しているのか?
~~~~~

原因に気付かなければ、
直すことはできないから。

そのために、

セルフイメージが上がるコツをNLPの視点を使ってお届けします。

セルフイメージを向上させたいならNLPが役に立つ

 

セルフイメージを向上させたいなら、
NLPがすごい役に立つ!

 

NLPって言うのは、

日本語で言うと、
神経言語プログラミング!!

 

わぁ!なんだか難しそう・・・
って思うじゃない。

 

別名を聞くと興味がわくと思う。

 

NLPは別名


脳の取り扱い説明書

って言われてる!

 

脳の構造、心の構造がNLPを通して
理解できて、そして心を変えるスキルがある。

 

NLPで人生が変わってしまった。

 

実は、僕はコレで人生が変わったんだ。

対人不信でコミュニケーションなんて
取りたくもなかった以前の僕。

 

けれども、自分のルーツ、
自分の取り扱い説明書を手に入れることで

今では、180°ぐるりと変わって
対人支援の道に進んでる(笑)

 

不思議だよね。

 

セルフイメージが低いだけで、
本当の自分とはかけ離れた
人生を歩まなくちゃいけない。

 

だから、辛いんだよね。

 

それが、自分のことを知れば知るほど
本心で生きられる!!

 

そのためにセルフイメージを
上げていくために知って欲しい知識が
いっぱいあるの!

 

知識を手に入れてからじゃないと、
能力に転換できない。

 

なので、自分を変えていくための知識
セルフイメージの知識を伝えて行くから!

 

 

もしも、わからないときは!

 

そして、もしも
「わかんないようぉ」って悩むなら
どんどん質問して!!

 

ライン@なら、1対1でやり取りできるから
おススメだよ。

 

一番下にある、特典URLから登録してね。

 

それでは、話を戻していくよ。

 

NLPで自己変革が起きる理由

 

NLPはどうやって
自己変革を起こすのか?

 

それは、

N(神経)
L(言語)
P(プログラミング)の

Pの部分プログラムを
変えていくこと。

 

前回伝えた、価値観がこのプログラムにあたる。

 

まだ読んでなかったって人はコレね

子どもに好かれる働くママになるためのセルフイメージの上げ方子どもに好かれる働くママになるためのセルフイメージの上げ方をお届けします。...

そして、
この価値観にあたる
プログラムがどうやって出来るのか?

それが、
N(神経)L(言語)になるの!

 

N(神経)って言われるけど、
これは五感と考えて!

 

五感って言うのは
視覚
聴覚
嗅覚
触覚
味覚のことね。

 

さらに、『五感=体験』って覚えておいて!

そして、
L(言語)はそのままの意味で“言葉”

 

つまり、

体験と言葉がプログラムを作るって考え方なんだ!

 

ちょっと意味がわからないよね。

 

けれども、この意味が理解できたとき、
あなたは自分でセルフイメージを
自由にコントロールできるから

がんばってついてきて欲しいって思う。

 

ハンバーグを食べる体験はどうやって記憶されているのか?

 

例えば、『ハンバーグを食べる』って
言葉があるじゃない。

 

ここで、ハンバーグを食べるシーンを
思い浮かべてほしい。

 

すると、ハンバーグを食べるシーンを
思い出すときは、

 

ハンバーグが焼けている所を見て(視覚)
そして、ジューって焼ける音を聞いて(聴覚)
ハンバーグのいい香りが鼻をくすぐる。(嗅覚)

そして、ハンバーグを切る感触があって(触覚)
それを口に運ぶと、口いっぱいに肉汁が広がる(味覚)

そして、おいしいって幸福感に包まれる

少しわかってきたかな?

 

言葉と五感の体験がセットになって
記憶されている。

 

このことが理解できてくると
変化って何か?
どうしたら、
セルフイメージを変えられるのか?
ってことがわかってくる。

 

変化とは何か?

 

自分を変えたいって悩む人はいっぱいいる。

なら、どうしたら自分を変えることが出来るのか?

それは、


五感の質が変わったら!!

 

五感の質が変わることを変化って言うんだ!

 

さっき話したハンバーグを食べる体験。

 

ほとんどの人は、
おいしいイメージを持っていると思う。

 

けれども、他の食べ物。

 

例えば『生ガキ』になると
好き嫌いが分かれてくるよね

 

大抵、生ガキが食べれない人は
生ガキにあったたことがある人。

 

食中毒を体験すると、
生ガキが食べれなくなる人がいる。

 

これはどうして起きるのか?

 

今までおいしく食べていたのに、
食べれなくなった・・・

 

これは、五感の質が変更されたから!

 

今まではおいしいイメージと一緒に
生ガキのイメージがあった。

 

明るいようなイメージがね。

 

けれども、食中毒を体験すると、

明るいイメージから暗いイメージに変わる。

 

食中毒の辛い体験が思い出され、
生ガキにマイナスなイメージをかぶせて
生ガキを見ることになって食べれなくなる。

 

これが、五感の質の変更。

 

つまり、変化なんだ!

 

この変化の理屈がわかってくると、
自分で五感の質の変更が出来る。

 

生ガキの場合だと、偶発的でしょ?

 

自分で変えたわけじゃない。

 

そして、ほとんどのプログラムは
偶発的に生まれたものなの!

 

だから、あなたがなんで苦しんでいるのか?
その本当の原因に気付けていないのよ。

 

無意識にプログラムは出来ちゃったからね。

 

恐怖症は強固なプログラム、恐怖症でセルフイメージの理解は深まる

 

プログラムがどうやって出来るのか?

 

恐怖症を例にするとわかりやすい!

例えば『犬恐怖症』

 

犬恐怖症の人は犬を見ただけで、
足がすくんだり、拒否反応がでる。

 

これも、プログラムによって起きてるんだ。

 

プログラムとは、文字通り
コンピューターのプログラムと一緒。

 

ワードを立ちあげたら、
ワードが立ちあげるように、

スマホのアプリを立ちあげたら、
アプリが立ちあげるように。

 

犬恐怖症も、犬を見たら恐怖を感じるように
プログラム化されている。

 

じゃあ、いつプログラムされたのか?

 

プログラムは強烈な体験によってできる

 

犬恐怖症がいつできたのか?

それは、

幼いころに犬にかまれた強烈な
体験によってできる。

 

この強烈な恐怖体験によって
『犬=危険』ってプログラムができる。

 

大人になった今では、犬にかまれても
犬恐怖症になんてならないと思う。

 

それは、危険を感じていないから!

 

幼いころに犬にかまれる体験だったり
追いかけられる体験は、子供に取ったら
めちゃめちゃ危険だよね。

 

すると、脳は危険を避けるために
プログラムを作ってしまう。

 

これは、脳に刻まれた
安全欲求によってプログラムができるの!

 

安全欲求っていうのは、
一日でも長く生きたいという欲求

 

生存欲求とも言われるね。

本能みたいなもの。

 

だから覚えておこう!
プログラムが出来るパターン!

 

それは


安全を確保するためにプログラムはできる

 

『犬=危険』ってプログラムを作ってしまえば
危険から逃れられるでしょ?

 

犬に近づかなければ、
安全が確保できる。

 

安全を脅かす強烈な体験がプログラムを作る!!

 

 

プログラムができると大人になっても持ち続ける

 

プログラムは一度出来てしまうと、
よっぽどのことが無い限り、
プログラムは無くならない。

 

無くならないから、生きづらくなっていく。

 

幼い時には犬恐怖症があることで
安全は守られるけど、

大人になって強くなった今の自分に
犬恐怖症なんてプログラムは必要だと思う?

 

小さいチワワを見てもビビってしまう
犬恐怖症。

 

噛まれたって大したことないし、
安全な犬だって頭では分かるよね。

 

けれども、触ることなんてできない。

 

それだけ、
プログラムは強力にあなたを守っている。

 

だから、「わかっちゃいるけどできない」って
こと多いでしょ?

 

やった方がいいのはわかってる
でも、できない・・・

 

これは、プログラムが悪さしているからなの!

 

自己啓発本を読んでも
セミナーに出ても、

いいことだってことは頭ではわかってる。
けれども体は動かない。

 


わかっていることと、できることは違う

 

それだけ、

プログラムは強固にあなたを
守り続けている。

 

まるで、過保護の親のように

 

なら、どうしたら、もういらない
プログラムからさよならできるのか?

 

そのためには、意識と無意識のことを
知らなくちゃいけない。

 

セルフイメージを修正するには、無意識の理解が必要

 

決定するのは意識!

実現するのは無意識!

 

わかっちゃいるけどできなのは、
無意識がそっぽを向いているから

 

行動できるときは、意識と無意識が
同じ方向を向いているとき

 

一説によれば、

意識の力を1とするならば、
無意識の力は2万倍もあるなんて言われている。

 

実際には測定なんて不可能だから比喩なんだけど、

 

どんな、成功哲学の本や自己啓発の本を読んでも
無意識の力は強烈だってことが書かれている。

 

ここでは、無意識って表現をしているけど、

潜在意識のことを無意識って呼んでいる。

 

どっちも同じだからね。

 

そして、プログラムは無意識の中にある!!

 

だから、自分を変えようなんて思ったって
変われないんだよね。

 

そもそも、無意識の理解が全然ないから。

そこで、この公式を覚えておいて!

 

~~~~~~
意識=頭=思考(言葉)

無意識=身体=五感
~~~~~~

 

犬恐怖症は、犬を見ただけで
体が反応する。

 

頭で怖いって言葉が出るよりも先に
体は反応している。

 

だから、わかっちゃいるけど
出来ないのは、頭よりも先に
体が反応しちゃうから!!

 

そして、プログラムは
意識と無意識どっちにあるのか?

 

答えはもうわかるよね。

 


プログラムは無意識にある

 

そして、無意識の中にあるプログラムの
ほとんどは気づかれずに存在している。

 

人間はプログラムの操り人形

 

前回
三つ子の魂百までって伝えたでしょ?

子どもに好かれる働くママになるためのセルフイメージの上げ方子どもに好かれる働くママになるためのセルフイメージの上げ方をお届けします。...

プログラムの80~90%は、
7歳までにできるって言われている。

 

そして、0歳から7歳を二分して

0123と4567に分けたら、

前半と後半どっちの方が
より重要なプログラムができると思う?

 

そこで、思い出してみて、
プログラムが出来る条件。

 

それは、


安心・安全を守るために
プログラムはできる

と、言うことは・・・

 

0歳から3歳と4歳から7歳では、
どっちの方が弱い存在で安全が必要だと思う?

 

プログラムは安心・安全を守るために、

より安全に生きるために重要なプログラムは

弱い存在であればあるほど、
作られやすい!!

 

なので、
0歳から3歳で、50~60%の
プログラムが出来て

4歳から7歳で、さらに10~20%の
プログラムが追加される。

 

思考も発達していない、
幼いころのプログラム。

 

そもそも、言葉を覚えていないのだから
どんなプログラムを作ったのかなんて
知る余地がないんだよね。

 

だから、

プログラムの呪縛から解き放たれるには、
体で感じる五感情報をたどらなきゃならない。

 

これが変化が難しいって言われてしまう原因。

 

だって、嫌なことを思い出して
感覚を味わうなんて嫌だもんね。

 

そこで、

NLPでは2つの視点を使い分けることで
変化を作り出す!!

 

セルフイメージ向上のポイントは2つの視点の使い方

 

プログラムを解除していくためには
2つの視点を使いわける必要がある。

 

その2つの視点とは、


当事者意識(アソシエイト)
傍観者意識(ディソシエイト)

 

当事者意識とは、
自分自身の視点で世界を見ている視点。

 

傍観者意識とは、
自分から切り離して客観的にみている視点。

 

例えば、サッカーに例えると、

ピッチでプレーしている選手が
当事者意識の状態。

 

今、自分がプレーヤーとなって
プレーしている状態。

 

 

そして、傍観者意識とは、
観客席から選手を見ている状態。

ピッチ全体が見えて、全体像を把握できる視点

 

この2つの視点を使いこなすことで
プログラムを外していくことができる。

 

問題解決をするなら、
ディソシエイト(傍観者意識)が役に立つし

目的達成なら
アソシエイト(当事者意識)が役に立つ。

 

なので、プログラムから
解放されて、変化を生み出したいなら

傍観者意識を使うのがいい!

 

そのために、必要なことは
プログラムに気付くこと!!

 

気付くとは


言語化できること

 

言語化出来た時にプログラムが修正しやすくなる。

なぜなら、意識と無意識を一致させることができるから。

だから、前回“問い”が大事だよって伝えたよね。

~~~~~~
どんな価値観が
反応しているのか?
~~~~~~

 

この問いを持つことで、
プログラムの存在に
気付きやすくなる。

 

気付けたならば、NLPのワークが効果を発揮する。

 

どう?ここまでわかったかな?

 

きっと、理解するには時間がかかると思う。

 

そこで、もう少しいろんな視点で
プログラムと価値観について
伝えて行こうと思う。

 

ここの内容が腑に落ちてこないと
NLPのワークをやっても効果がないからね。

まとめ

 

前回も今回も難しかったと思う。

 

けれども、ここまで読んでくれたことに、
ホントに感謝を感じる。

 

なので、今日までのポイントで抑えてほしい
所をおさらいしましょう!!

 

セルフイメージが低い原因は
プログラムが原因。

 

そして、前回プログラムのことを
価値観と伝えました。

 

価値観があることで、価値基準が生まれ、
このものさしで、自分も他人もさばいてしまう

 

そして、セルフイメージが低い人の特徴は
価値基準が高い、完璧主義な人。

 

頑張り屋さんのママ起業家には
セルフイメージが低い傾向にある。

 

そして、セルフイメージを低くする
プログラムはいつまでに出来るのか?

 

それは、7歳までに80~90%作られる。
特に3歳までの思考が発達していない時期に
50~60%はできてしまう。

 

だから、プログラムの存在に気づけない。

だって、プログラムは無意識の中にあるから

 

無意識は意識の二万倍のパワーがあると言われ、
この公式にを覚えてほしい

 

~~~~~~
意識=頭=思考(言葉)

無意識=身体=五感
~~~~~~

 

頭(意識)よりも先に
体(無意識)が反応しちゃう

 

だから、わかっちゃいるけど出来ないことが多い。

無意識の方が、体を使って自動的に反応するから!

 

そして、プログラムが出来る条件は

安心・安全を守るため

危険なことから避けるように
プログラムはできてしまう。

 

すると、勝手に体が反応する。
それは、大人になってもずっと・・・

 

か弱い子供のころは
自動的に反応してほうが安全だった。

 

けれども、

大人になっても子供を守る仕組みで守られている。

 

これが、生きづらくなってしまう原因。

そんなプログラムは外した方がいいよね。

 

そこで、
NLPでは2つの視点を使いこなすことから
プログラムを外すことを始める。

 

それは、

当事者意識(アソシエイト)
傍観者意識(ディソシエイト)

この二つの視点を使うことで
プログラムは外す基礎ができる。

 

ここまでが、前回から今回までの
大まかな流れ!!

 

次回は、もっとプログラムと価値観について
お伝えするね。

 

まだまだ伝え足りないことがある。

 

プログラムの正体とは?
価値観の正体とは?

 

ここをもっと突き詰めて行こう!!

子供と旦那と上手くいかない原因は脳内イメージにある!子供と旦那と上手くいかない原因は脳内イメージにあった!人間関係の悩みの本質をお届けします。...
ABOUT ME
ファミリーシップ・トレーナー嶋根
子供の心を豊かに育むための、愛されママになる方法をお届け! 『ママは家族の太陽』の才能を開花して5年後も10年後もずっと私らしく愛され続けるファミリーシップ・サポートを提供しています。