子育てお役立ち情報

子供を自立させるには自立心を育む親の背中が9割

子供の自立心を
育てたいって思っているのに

気が付けば、
子供にがみがみ怒りながら

「あれやりなさい」

「これやりなさい」

と、指示してしまっている。

このままじゃいけないと
思っていても

感情には逆らえずに
同じことをくりかえしてしまう。

これって、

部下を育てる悩みと同じなんだよね。

感情をコントロールして
子供や部下の自立心を
育てるポイントを解説します。

子供の自立心を育てることは国を変える力がある

なぜ、
自立心を育てたいって思うのか?

きっとこんな思いが一番強く
あるんじゃないかな。


「自分と同じ道は歩ませたくない」

親に厳しく育て上げられ、
周りからは自立心が
あるように思われていても

実際は、親の顔色を伺って、
「こうすれば、喜んでもらえる」って

親とっていい子を演じてしまっている。

そして、

それが板についてしまったから、

大人になり、社会人になると
自立心なく指示待ちでしか
動けない部下にやたら腹が
立つなんてことが
起こっているかもしれない。

だから、
子供にはそんな人に
なってほしくないから

自立心を育てようと、
ついつい厳しくしてしまう。

そして、気が付けば、

「親にやられて嫌だった育て方を
子供にしていた・・・」

そんな現実になっているかもしれません。

そして、今は、
引きこもりが社会問題にもなっている。

数億円規模で経済損失が出ている。
そんな記事も見たことがある。

その引きこもりの原因の一部に
親の反発心から起きていることも
少なくはないんじゃないかな。

僕もある意味でそうだったから。

そして、
だからこそ本当の自立心が育てば・・・

本当のって言うのは、

~~~~~
親の顔色を伺うことなく、

他人の顔色を伺うことなく
自分の意志で、考えて答えを導き出す。
~~~~~

そんなことができる子供たちが増えたら
どれだけ凄いことが起きるんだろう?

想像するだけでワクワクするのは
僕だけでしょうか?

子育てを会社に置き換えてみると分かりやすい!

会社に置き換えたら
すごくわかりやすいかもしれない。

もしも、指示待ちじゃなく、
自立した部下が
いる会社だったら!!

会社にもたらす利益って
どれくらいなんだろう?

ニュースでもありましたよね。

経営破綻しそうな某航空会社が
たった2年で黒字に転換して、
見事に復活したって話や。

大阪のあの某レジャー施設も
V字回復した話もあったなぁ。

 

これができたのも、
社員一人一人が、
経営者の視点になって

個人として自立した考え方を
したからこその結果。


自立心が育てば、

マイナスだった状況を
プラスに転換してしまうだけの
パワーと効果がある!

そして、
子供の自立心も部下の自立心も
育て方は一緒。

子育てをしているあなただからこそ、
部下がより育つ可能性を秘めている。

 

子供の自立心を育てるポイントは3つ

子供の自立心と
部下の自立心の育て方は一緒

そのポイントは3つ。

・あなたの背中を見せる

・目標を描かせてあげる

・伝わるコミュニケーション

この3つ

 

・あなた自身が先導者で
その背中で語る!

 

子供に置き換えると
わかりやすいよね。

 

子供って親の姿を
よく見てるし、真似をする。

 

言葉遣いや仕草まで、
親のコピーって言えるぐらい
めっちゃ真似をする。

子育て経験があるとわかるよね。

親が当たり前にできることは
子供もできる。

反対に親ができないことは、
子供もなかなかできない。

特に小さいうちは!

そして、

部下も同じ。

あなたの姿が部下に映っているよ。

だからこそ、


まずはあなたが背中を見せれる
人物に成長する必要がある。

そして、

モチベーションを引き出すことが
出来なければ、
自立心なんて育てられません。

モチベーションは

『目標を描かせる力』

置き換えることができる。

思い出してみて!!

目標に向かっていた時の自分を。

幼いころでも
学生のころでも
社会人なってからでも、

なにかしら、
1つはあるんじゃないかな?

 

頑張った自分の姿。

 

それって、よくよく思い出すと。

『目標』と、

深いつながりがあることに
気づけると思う。

 


目標が人を育て、自立心を育てる。

 

そして、
これって重要だよね。

『伝え方』

子供にも部下にも
伝えることができなかったら

背中を見せても、
勘違いをしてしまうかもしれない。

子供も部下も勝手な解釈をしてしまうかも。

すると、

間違った方向に
進んじゃうかもしれないよね。

そして、
伝えることができなかったら

モチベーションを
引き出すことだってできない。

「目標を持ちなさい!!」

なんて言ったって、
目標を持てる人なんていません。

コミュニケーションスキルって
めっちゃ重要だって、きっと、
子育てしているあなたや部下を育成する
あなたなら、わかると思う

子供や部下の自立心を育てる3つのポイント

・あなたの背中を見せる

・目標を描かせてあげる

・伝えるコミュニケーション

これをもう少し詳しく解説するね。

親の背中が子供の自立を促すことになる

自立心のある子供や部下を育てるには
これがめちゃめちゃ重要。


あなた自身が自立していること!

なので、
改めて自立とは何かなって
考えてみて!

自立とは・・

3つの能力からできています。

それは

・自己管理能力

・目標達成能力

・コミュニケーション能力

これをわかりやすくかみ砕くと。

~~~~~~
自分のことがめちゃめちゃ好きで

目標に向かって常に
ステップアップしていて

相手のことを思いやり、
相手にわかる言葉で伝えてことができる。
~~~~~~

そんな人がいたら、
めちゃめちゃ魅力的。

そして、

はたから見ても
自立しているって感じるよね。

もしも、
「自分なんて・・・」って
思っていて

自己否定に生きていたら。

これって自立心のある人に
見えるでしょうか?

やっぱり・・・

見えない。


自分のことが心から好きな人は

他人も心から愛せる人。

そんなことができる人は
あんまりいないと思う。

みんな心のどこかで、
親のしがらみや教育で受けた
しがらみに囚われて、自分の存在が
殻に閉じこもっているから。

そこから抜け出す方法は、
今度がっつり詳しくお伝えするね。

ここでは、
あなたが自分を受け入れ、
そして変化して自立心を
手に入れていくことが、

子供や部下の自立心を
育むことにつながるんだよ
ってことを心の片隅に
置いておいてください。

子供の自立心を育む目標の描かせ方

実は、

あなた自身が目標達成の
プロになることが重要です。

会社で生産性が高い人は、
会社の目標ってあるじゃない。

その会社の目標と、
個人の目標をつなげることが上手。

だから
モチベーションは一気にあがる。

なぜなら、


やらされている感が一切ないから。

だって、
自分の目標に進むんだから
モチベーションが下がること
なんて起きるわけがない。

そして、
自分の目標に進むことが
会社の利益にもなるなら、
まさに一石二鳥。

そんな目標のつなげ方ができるなら

あなたは、
目標達成のプロの入り口に立っている。

子育てでも一緒だってわかるよね。

子供の目標を引き出すことができたら、

決して親の想いを
押し付けるだけじゃなく。

子供が自分で成し遂げたいことを
決めることができたら、

子供って自然と成長していくって
想像できちゃうよね。

そんな目標を引き出し、
達成してくのにいいスキルがある。

それが、

「コーチング」っていうスキル。

目標達成に導くスキル

これも、今度がっつり伝えていくね。

今回は、
へぇーそんなのがあるんだって
ぐらいでOKです。

自立心は親のコミュニケーションで決まる

コミュニケーションでどんな
悩みがありますか?

子供に

「いいからやりなさい!」

って怒鳴ってしまう。

部下に

「言われたこともできないの?」って

思わず叱責してしまったり、
心の中で毒を吐く。

 

そんな状況に心当たりがあるなら
コミュニケーションとはなんなのか?

コミュニケーションについて
学ぶ時期かもしれません。

なぜか?

それは、

伝え方で
子供の反応の部下の反応も
180°変わってしまうから。

子供のやる気、
部下のやる気を引き出すには
あなたの言葉掛けで
変わってしまう。

例えば、

なぜミス・コミュニケーションが
起きるのか?

ここを考えてみたい。

家庭でこんな言葉を
かけたことはありませんか?

子供やパートナーに

「あれ、取って!!」

って言葉を言った経験は
誰もがあると思う。

『あれ』って改めて考えると、

言った本人にしかわからない
ことがわかる?

言葉を受け取った相手はマーク。

「あれってなに?」ってね。

けれども、言った本人はそれで
伝わっていると勘違いしている。

これが、日常で頻繁に起きている事。

仕事でも、

この仕事を早く終わらせてください」って
上司が言ったとするね。

しかし、
もう一度考えてみて。

『早く』っていつなの?

一時間で? それとも 今日中?
いやいや今週中かな?

『早く』って言葉でも
いろんな解釈ができる。

言った本人は、
いつまでのイメージを持っていますが、

受け取った人は、
そんなイメージがありません。

受けての解釈で、
勝手に判断してしまうしかも!!

これが、
ミス・コミュニケーションの
大きな原因の1つ

だからこそ、言葉の伝え方。
コミュニケーションって
めっちゃ重要なんだ。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

人を自立させるスキル。

これが出来る人って多くない。

僕は心理学を学びながら、
実践してきたからこそ
その入口に立てている。

全く知識も経験もなかったら、
手探りでやるしかない。

失敗していても、
失敗に気付くこともできないから

負のスパイラルに
囚われるしまうんだよね。

そうならないためにも、
子供の未来を親の僕たちが
照らしてあげるために

3つのスキルを心に
留めておいてください。

自己管理能力

目標達成能力

コミュニケーション能力

~~~~~~
自分のことがめちゃめちゃ好きで

目標に向かって常に
ステップアップしていて
相手のことを
思いやり、
相手にわかる言葉で
伝えてことができる能力。
~~~~~~

これを時間をかけてしっかりと
伝えたい!!!

子供たちが自然と夢を語れる世界を!

その想いを胸に。

それでは、またね。

 

ABOUT ME
ファミリーシップ・トレーナー嶋根
子供の心を豊かに育むための、愛されママになる方法をお届け! 『ママは家族の太陽』の才能を開花して5年後も10年後もずっと私らしく愛され続けるファミリーシップ・サポートを提供しています。