仮面夫婦

仮面夫婦の修復不可能を可能に変える方法

仮面夫婦、もう修復不可能なのかな?

修復する方法はないの!!

 

こんにちは

愛されママの才能を開花して家族円満になる方法を伝える
ファミリーシップ・サポートの嶋根徹哉です。

 

出来れば夫婦円満に戻りたい!

けれども、

旦那の気持ちが離れてしまい、離婚して欲しいと言われている

仮面夫婦で修復不可能だと感じている人が修復するために必要な戦略についてお届けします。

 

仮面夫婦で修復不可能を可能に変えるための心構え!

 

仮面夫婦で修復不可能を可能に変えるために必要なことは

 


自立することです

 

ここで言う自立とは、

旦那さんへの依存心から卒業すること。

 

どういう事かと言うと、

僕がカウンセリングをしていて感じている共通する部分が

旦那んさんにがんばってしがみついていること。

 

けれども、

相談者さんは一切しがみついているなんて感じていません。

 

そこで、次の行動がないかチェックしてみてください。

離婚になりたいくないからこそ、

●子供のことを引き合いに出して、考えを改めさせようとする。

●旦那さんの考え方を否定したり、拒絶した態度をとる

●怒ったり落ち込んだりの態度をとってしまう

●子供に旦那さんの愚痴をこぼす

●子供を味方に付けようとする

もしも、この行動が1つでも当てはなるなら、

夫婦仲はどんどんこじれていき、修復不可能になってしまいます。

相手のことを否定や批判をして、夫婦仲が上手いくか?って言ったら行くわけがないよね。

 

けれども、

切羽詰まってしまうと、相手の気持ちがさらに冷めてしまう行動をしてしまうの。

 

だからこそ、

旦那さんへの依存心から卒業して、自立できないと、

仮面夫婦で修復不可能を可能に変えることなんてできないんだ。

 

自立が仮面夫婦を修復するカギ!

なぜ、自立すると修復不可能な仮面夫婦でも修復することが可能になるのか!

それは、


相手を尊重できるようになるから!

どんな家庭環境が居心地がいいのかってことを考えて欲しいんだけど、

否定、批判、拒絶されるような家庭環境だったら最悪だよね。

一緒に住みたいなんて思わないよね。

 

そして、旦那さんに依存心があると、

旦那さんが嫌がる行動を無意識にしちゃっているの。

 

なぜなら、

自分の価値観の枠に相手を当てはめようとしちゃうから!

自分の思い通りな行動にさせようとしているの。

 

だから、

喧嘩になりやすいし、小言を言ってしまうし、

愚痴っぽくなってしまうし、キレやすく落ち込みやすい

状態になってしまうの。

 

そうなったら、旦那さんの気持ちはどんどん離れちゃうよね。

拒絶する気持ちが強くなってしまうから無視されるようになってしまう。

 

だからこそ、

旦那さんから精神的に自立することが大切!

 

精神的に自立すると、やっと旦那さんのことも

自分のことも客観的に見ることができるの。

 

すると、

なぜ仮面夫婦になってしまったのか?

どうやったら仮面夫婦からやり直すことができるのか?

旦那さんは何を求めているのか?

こう言った事がわかるようになります。

仮面夫婦から脱却するための初めの行動

旦那さんから精神的に自立することが、仮面夫婦の修復不可能から可能に変える方法になる!

 

じゃあ、どうしたら精神的に自立できるのか?

 

そのためには、

 


自己肯定感を高めることが必須!

 

自己肯定感とは、

短所も長所もこれが私なんだと肯定できること。

 

ありのままの自分を愛することができるからこそ、相手を尊重できる自分になれるの。

と、言うことは、

自分自身を尊重できなければ、相手を尊重することなんてできないってことなんだよね。

 

じゃあ、どうしたら自己肯定感を高めることができるのか!

その初めの行動は自己肯定感のレベルを知ること!

セルフイメージ チェック 方法 無料 診断シート プレゼント
自己肯定感チェック表!セルフイメージ無料診断セルフイメージ(自己肯定感)のチェック方法をお届けします。無料の診断シートプレゼントを活用してセルフイメージを高めてくださいね。...

そして、

自己肯定感のレベルが低い人ほど、依存心が強く、

それがかえって夫婦仲を悪くしてしまっているの。

 

だからこそ、

自己肯定感のレベルをまず知ることから始めてください。

 

『自己承認=他人承認』って言葉があるからこそ、

自分自身のことを愛せる人が、周りからも愛される人になるの!

 

魅力がない人と一緒にいたいなんて思わないよね。

 

旦那目線になると分かる仮面夫婦解決のポイント

カウンセリングを受けてくださる方によくこんな質問をします。

「もしもあなたが旦那さんだったら、あなたの行動をどう感じますか?」

すると、

「ああ、ちょっと嫌ですね・・・」

と、苦笑いする人が続出。

 

相手目線になって考えるなんて、日常生活の中ですることなんてないと思います。

特に自己肯定感が低く、旦那さんに依存心が強い人は、

より、自分の殻に閉じこもり、無意識に被害者のように振る舞ってしまいます。

 

だからこそ、

仮面夫婦を修復したいって思ったら、

視点の使い方は大切なポイント。

 

旦那目線になって考える

第3者目線になって考える。

これをするだけでも、解決策の案は生まれやすくなります。

 

なので、質問を上手に活用しましょう。

「もしも旦那さんだとしたら、何をされたいと思いますか?」

「もしも旦那さんだとしたら、なんて言われたら嬉しい?」

などなど、

旦那さんだとしたら、で考えることで、旦那さんのことを尊重しやすくなっていきます。

ぜひ、やってくださいね。

まとめ

仮面夫婦の修復不可能を可能に変えるには、

旦那さんから精神的に自立しなきゃダメ!

なぜなら、

相手を尊重できるようにならないから!

尊重し合える環境だからこそ、一緒にいたいと思いもの。

そのためにも、

自己肯定感を高めなきゃダメ!

自己肯定感が低いと不幸体質になり、旦那に嫌われる行動を無意識にします。

そして、自分で自分のことが嫌いになります。

自分を蔑ろにしている人が愛されるか!って言ったら愛されるわけないの。

だからこそ、自己肯定感を高めて、自分のことをしっかり愛することが、

旦那さんから精神的に自立し、旦那さんを尊重できるようになることで、

仮面夫婦の氷は解け出し、修復できるようになります。

ABOUT ME
ファミリーシップ・トレーナー嶋根
子供の心を豊かに育むための、愛されママになる方法をお届け! 『ママは家族の太陽』の才能を開花して5年後も10年後もずっと私らしく愛され続けるファミリーシップ・サポートを提供しています。